STOP HENOKO 辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会

STOP HENOKO 辺野古の土砂がどこから運ばれるか知っていますか?

今、西日本と辺野古で起きていること

1

辺野古基地建設の埋め立てに使われる土砂が
本土から大量に搬出されます。

沖縄・辺野古新基地の埋め立てのために必要な土砂(岩ズリ)は、1644万m3、10トンダンプ約350万台分に及びます。そのうち75%は、奄美・九州や瀬戸内海など沖縄県外6県から持ち出される計画です。また、埋め立て予定の大浦湾一帯に軟弱地盤が存在することが明らかになり、地盤改良工事に必要な砂650万m3も大半が本土から運ばれるのではないかと危惧されています。

10トンダンプ約350万台分
2

辺野古の海が破壊され、
外来生物により沖縄島の生態系が破壊されます。

新基地は、サンゴ類、ジュゴンやウミガメの棲む生物多様性の豊かな海を埋めてつくられます。また埋め立て土砂と一緒に、アルゼンチンアリ、セアカゴケグモやアレチウリなど、沖縄には生息しない外来生物が沖縄へ運び込まれ、沖縄固有の生態系が破壊される危険性があります。これらは生物多様性条約やそれに基づいた生物多様性国家戦略に違反する行為です。

生態系の危機
3

埋め立てにより、
戦争に使われる米軍基地が建設されます。

さらに、埋め立て予定の大浦湾一帯に海面下最大90mまで軟弱地盤が存在する問題で、砂杭を7万7千本を打ち込む大規模な地盤改良工事が必要になりました。完成時期が見えないまま埋め立ては進み、沖縄県は総工費が2兆6500億円に上ると試算しています。この埋め立ては何のため、誰のためのものなのか? 私たちのふるさとの土は、戦争の際に使用される軍事基地の建設のために使われようとしているのです。

だから、STOP!HENOKO

辺野古の基地建設は、土砂の搬出元となる本土の問題でもあります。「もう埋め立ては始まってしまったのだから仕方ない」と思われるかもしれませんが、土砂の投入量は1.1%にすぎません。(2019年10月末現在)

私たちは「外来生物によって沖縄の自然を破壊したくない」「故郷の土を戦争に使われる基地建設のために使ってほしくない」という2つの思いから活動を続けてきました。

辺野古の基地建設は、まだ止められる。今止めなければならない。そのために、署名運動をはじめとしたさまざまな活動に取り組んでいます。みなさまの力をお貸しください。

「今、西日本と辺野古で起きていること」をSNSでシェアする

  • このサイトをツイッターでシェアする
  • このサイトをフェイスブックでシェアする

最新の情報

署名で協力する

みなさまから集めた署名は、衆議院・参議院両議長宛に提出します。

インターネットで署名する
change.orgにて署名キャンペーンを実施中!
チェンジオルグのサイトにリンクします
紙での署名活動を行う
署名用紙のダウンロードはこちら↓
下記住所までお送りください。郵便番号803-0816 福岡県北九州市小倉北区金田1-3-32-308 八記方 土砂搬出反対全国連絡協議会宛

寄付で支援する

土砂全協の活動のために、寄付でのご支援をお願いいたします

【振込先口座】
郵便振替 01750-8-144158 辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会
寄付金の使用用途
主に活動報告のための機関誌制作費、事務費、広告宣伝費、交通費など詳細は決算報告書をご覧ください。
決算報告書
第4期決算(2018年度)第3期決算(2017年度)第2期決算(2016年度)

ABOUT US

土砂全協の成り立ちについて

2013年3月、琉球新報の報道で、辺野古基地建設に使われる埋め立て用土砂が西日本各地から採取されることが判明しました。それを受けて、環瀬戸内海会議は総会で辺野古土砂問題を提起。同年12月に環瀬戸内海会議は、沖縄県、防衛省、環境省に対し、辺野古埋め立て用土砂採取に反対であるという意見を申し入れました。2015年2月に奄美会議も加わり、共同で防衛省、環境省に採石中止を申し入れ、同年5月に奄美市で土砂全協が発足(7団体)。署名運動を開始しました。

その後、土砂の搬出元となる地域で新たに団体が設立されるなどして、2016年4月には沖縄県も含む8県10カ所の土砂搬出地、ケーソン製造地が連携。2019年現在は12県の18団体が加盟しています。

加盟団体一覧

主な活動内容

  • 辺野古への埋め立て用土砂搬出に対し反対を表明する署名を集める活動
  • 防衛省、環境省との交渉
  • 各県(鹿児島、熊本、長崎、福岡、山口、香川)との交渉
  • 沖縄県の土砂条例の改正要請
  • 沖縄学習交流会

発行ニュース

土砂全協のこれまでの発行ニュース